ウーマン

ふっくら明るい印象に

顔を触る女の人

頬がこけていることで、やつれた印象や老けた印象に見えてしまいます。特に年齢を重ねると、顔の脂肪が落ちて、肉付きが良くなくなるため、そのような印象を与えてしまいがちになります。しかし、そうした印象を手軽に改善させることができるプチ整形が登場しており、福岡でも人気を博しています。こけていた頬をふっくらさせることによって、明るく若々しい印象を与えることができるようになると評判になっているのです。また、不健康で生活感のある暗いイメージを払拭させることが可能なので、アンチエイジング対策だけではなく、若い人も受けている施術になるといいます。では、具体的にはどのようにそのようなプチ整形が行なわれているのでしょうか。

まず福岡の美容外科クリニックでは、ヒアルロン酸や脂肪注入して顔をふっくらとさせるプチ整形を行なっていることが多いといえます。ヒアルロン酸は、効果は1年程度になりますが、気軽に注射することができると福岡でも定番のプチ整形施術になっています。一方、効果の持続性にこだわりたい福岡の患者さんに人気となっているプチ整形施術は、脂肪注入になります。この脂肪注入は、患者さん自身の脂肪を吸引する施術になるので、安全性も高いことが大きな魅力だといえます。また、自分自身の脂肪を頬など気になる部位に注入するので、見た目もナチュラルな印象になることが特徴です。もちろん触り心地もとても自然なので、多くの患者さんに支持されています。そして、ヒアルロン酸に比べて、効果が長いことが最も支持される理由の1つだといえるでしょう。半永久的に効果を長く持たせることができるので、人気となっています。脂肪注入は、ヒアルロン酸注入に比べて、施術の時間は長めです。ヒアルロン酸注入は10分程度になりますが、脂肪注入は1時間程度は見込んでおきましょう。時間にすると約6倍となっていますが、それでも一般的の整形手術よりは短時間で終わるといえます。

こうした顔に注射をした後には、自宅でのケアをどのようにしたらよいのかわからないという人も多いでしょう。基本的には施術の当日からメイクをしたり、シャワーをすることは可能です。ただ、施術をした当日は血液の流れがよくなっているため、腫れたり赤みがでることが予想されます。そのため、当日に湯船に浸かったり、岩盤浴やサウナといった血行を促進させる行為は避けた方がよいでしょう。また、激しい運動を行なったり、顔に強いマッサージを施すといったことも避けるべきです。特に、ヒアルロン酸注入をした場合、患部を強く刺激すると、ヒアルロン酸が移動してしまう可能性があるので気をつけましょう。